前へ
次へ

行政書士になるためには

行政書士は、官公庁に提出する書類を依頼者に代わって作成し、さらにその申請手続きを行う業務を担います。作成する書類の種類は1万以上を超え、会社の設立といった企業関連から相続や自動車関連などの個人向けまで幅広く、誰もが一度は接するまさに社会になくてはならない職業といえるでしょう。書類を作成することからデスクワークが主といった印象がありますが、顧客への営業活動や打ち合わせ、官公庁での折衝など外回りも多く、人と接する機会が多い職業です。行政書士になるには、国家資格を取得する必要があります。その国家試験である行政書士試験は、受験資格に制限がなく誰でも受験することが可能です。しかし、難易度が高く、合格率は毎年5%前後という狭き門でもあります。そのため、試験対策を独学で行うことは相当困難であり、多くの人は専門のスクールに通うかもしくは通信教育を利用しています。

top用置換

top用置換2
Page Top